バックエンド

ビットフライヤーからビットコインウォレットにビットコインキャッシュを送金してみる

最近なにやらビットコインキャッシュ(BCH)周りがざわざわしております。

日本のコンビニでビットコインキャッシュ(BCH)が使えるようになるとかならないとか。

うん、海外旅行いくと便利さがわかると思うんだけどね。

数年前にタイ旅行した時に痛感しましたよ、

日本円をタイバーツに変えたけど、お金足りなくなって両替所で2度タイバーツに変えたんですよ。

で、あまって空港でまたタイバーツを日本円に替えるっていうね。

その時の手数料がまぁ高くて、毎度毎度1000円なんかじゃきかない額で。

海外いったことあるなら実感すると思うんだけどね。

いやぁ本当にコンビニで使えるようになるなら、特に外国人観光客にとっては本当に便利なサービスになるなと感じます。

アオキ
一気に仮想通貨が普及するかもですね、早く買っときましょ。
Sponsored link

ビットフライヤーとビットコインウォレットとビットコインキャッシュの違い

こうやって見出しにすると、

アオキ
ビットビット何回言うねんっ

てつっこみたくもなりますが。

仮想通貨初心者の方にざっと解説すると、

ビットフライヤー・・仮想通貨取引所・東京三菱 UFJ銀行が融資
ビットコインウォレット・・仮想通貨のネット財布
ビットコインキャッシュ・・仮想通貨の1つ。ビットコインの派生+強化版

的な感じ。

今のところ、日本で仮想通貨を手に入れようとすると、

日本円を仮想通貨取引所に送金して、

仮想通貨取引所(ビットフライヤーなど)で仮想通貨を購入することになります。

↓↓この記事も参考にしてね↓↓

デイトレーダーみたく、頻繁に仮想通貨を売ったり買ったりするなら、仮想通貨取引所に通貨を保管していてもいいのですが、

しばらく寝かせておいて値上がりを待つ、といった場合には、

よりセキュリティの高い、仮想通貨のネット財布に保管しておいたほうがいいようです。

仮想通貨のネット財布の役割

『仮想通貨のネット財布』の特徴は、ビットコインキャッシュ(BCH)を使用するのに必要な、

ビットコインアドレス・秘密鍵・暗号鍵

の3つの情報を管理するための財布です。

ビットコインアドレス・・預金通帳
公開鍵・・身分証明書
秘密鍵・・暗号番号

的な役割です。

大きく分けて『ハードウォレット』と『ソフトウォレット』という2つの種類があり、

『ハードウォレット』はネットに繋がないで保管できる、USBメモリみたいな形状で、

『ソフトウォレット』はネット上、クラウド上にあるサービスになります。

『ハードウォレット』の方がよりセキュリティが高いと言われていますが、

『ハードウォレット』だけで2万円くらいかかったりするので、しばらくは『ソフトウォレット』でいいかなと思ったりしてます。

今回利用するのはビットコインウォレットで1番メジャーな、その名も、

Blockchain.info

ビットフライヤーからビットコインウォレットに送金する時の注意

いざ本題。

ビットフライヤー、ビットコインウォレットの開設方法はこちらの記事をご参考に。

↓↓この記事も参考にしてね↓↓

↓↓この記事も参考にしてね↓↓
ビットコインウォレットの登録方法は誠意執筆中

どちらも開設できていれば、送金自体はそんなに難しくないんですが、

1点だけすごく重要なことが。

それは、ビットコインキャッシュ(BCH)を送金する際のアドレスに、

『新アドレス』と『旧アドレス』の2種類が存在するということ。

『旧アドレス』・・「1BNdowndNDyFA6s6cwQgVf2QxZcXB4DLeN」・・1か 3から始まる

『新アドレス』・・「qpcu3wz0kln63yck9vyyz7ddxy4uuzh4mqumj9wa63」・・qから始まる

さらに、『旧アドレス』を使っているサービスからは、『旧アドレス』にしか送金できないということ。。

そして、

ビットフライヤーは『旧アドレス』、
ビットコインウォレットは『新アドレス』で表示されるということ。

そうなんです。

もしビットコインウォレットで表示された『新アドレス』にそのまま送金すると、仮想通貨が行方不明になってしまうということに・・・

アオキ
ま、まじですか・・

これはじめて知った時は本当にびっくりしましたね・・

その対策としては、アドレス変換ツールを使って、新アドレスを旧アドレスに変換する必要があります。

Bitcoin Cash Address Converter

bitpay

有名なのはこの2つです。

アオキ
変換し忘れたらどうするんじゃいってね・・

ちなみに変換方法は、

上記のサイトで『新アドレス』を入力後、

『Legacy』もしくは『Legacy BCH Format』 と表示されている箇所が、旧アドレスになります。

しっかりとコピーをして、ペーストして送金するようにしましょう。

Sponsored link

ビットフライヤーからビットコインウォレットにビットコインキャッシュを送金してみる

ようやく本題ですよ、いやぁ長かった。

ビットコインウォレットの、『受信』を押すと、

こんな画面が表示されます。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類があるので、必ずビットコインキャッシュ(BCH)が選ばれていることを確認しておいてください。

ここに表示されるアドレスが『新アドレス』なので、『旧アドレス』に変換する必要があります。

Bitcoin Cash Address Converter

bitpay

のどちらかにアクセスして、『新アドレス』を入力して、『Legacy』もしくは『Legacy BCH Format』と書いてある旧アドレスをコピーします。

ビットフライヤーの画面で、

『入出金』->『BCHご送付』と選んだ後に、

送金先を登録するのですが、
ビットコインウォレットの送金アドレスがちょいちょい変わるので、

送金のメモ欄には日付などを入れておいて、最新だとわかるようにしておいたほうがいいです。

こんな感じ。

アオキ
これ、古いアドレスに送金したらどうなるんだろう・・

と思ったりもしますが。いずれ試してみようかな。

で、最新の送金先を選択して、

送金したいビットコインキャッシュ(BCH)の額を入力して送金。

送金手数料 0.00002BCH というのは、2018年5月時点では数十円くらい。

銀行間送金と比べればどえらい安いです。

スマホ認証を登録しておくと2段階認証になったりします。

混雑状況にもよりますが、だいたい3分〜5分もあれば送金されます。

間違えると悲惨なことになるかもなので、はじめて送金する場合は、0.0001BCHくらいの小額で試し送金してみたほうがいいかなと思います。

まとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)を送金する際は、

『新アドレス』と『旧アドレス』があるので

送信元と、送信先のアドレスがどちらになっているか確認してから送金するようにしましょう。

アオキ
コンビニ決済できるようになったらますます便利になりますね、楽しみやなぁ。

ツイッターでも記事ネタ含めちょろちょろ書いていくので、よろしければぜひフォローお願いしますm(_ _ )m
アオキのツイッターアカウント

created by Rinker
¥1,620 (2019/09/23 07:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

アオキ
ツイッターでも記事ネタ含めちょろちょろ書いていくので、よろしければぜひフォローお願いしますm(_ _ )m

アオキのツイッターアカウント


関連記事一覧 (一部広告あり)

最近の記事

  1. バックエンド

    【Python】手軽に試す方法2つとwebフレームワークについて【初心者向け】
  2. 数学

    【三角関数】とは わかりやすくまとめてみた【動画あり】
  3. バックエンド

    【Laravel(PHP)】でできる事をわかりやすく(ざっくりと)まとめてみた【…
  4. CG関連

    【3Dプログラム】初心者にオススメな方法はこれ(9)【P5.js】
  5. CG関連

    【WebGL】入門 わかりやすく【図解】してみた
PAGE TOP