バックエンド

【LaravelSail】別のコンテナを稼働する時の設定

法人研修の一環で、LaravelSailのコンテナを2つ稼働させる必要があったため、変更箇所についてメモしておきます。

コンテナ名・ネットワーク名変更 (docker-compose.yml)

docker-compose.ymlでlaravel, mysqlなどのコンテナ名が入っていますが、そのままだと既存のコンテナとバッティングしてエラーでるので、コンテナ名を変更します。

今回はprepareを追記するテイです。

サービス名、ネットワーク名、依存関係にそれぞれ.prepareを追記しています。

services:
    laravel.prepare: 
        networks:
            - sail.prepare 
        depends_on:
           - mysql.prepare 
    mysql.prepare: 
       networks:
            - sail.prepare
networks:
    sail.prepare

ポート番号、サービス名変更 (.env)

ポート番号が被っているとNGなのと、サービス名がlaravel.testのままだとこちらもバッティングしてしまうのでそれぞれ変更します。

APP_SERVICE=laravel.prepare
APP_PORT="8000"
FORWARD_DB_PORT="13306"
DB_HOST=mysql.prepare

これでいけるはず、きっと。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. データベース

    MySQLの講座をリリースしました
  2. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  3. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  4. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  5. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO