バックエンド

Pythonのデコレータをマスターしよう!

Pythonのデコレータって何?

ナカイ君: Pythonのデコレータについてわかりやすく教えてほしいんだけど。

世界のアオキ: OK、デコレータとは、関数やメソッドの挙動を変更するための強力なツールだよ。関数に機能を「装飾」することで、コードの重複を避けながら、柔軟に関数の機能を拡張できるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: そうだね。例えば、関数の実行時間を測定したい場合や、関数の入出力をログに記録したい場合にデコレータを使うと便利だよ。これにより、本来の関数コードを変更せずに追加機能を実装できるんだ。

わかりやすいコード例

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろんだよ。関数の実行時間を計測するデコレータの例はこんな感じだよ。

import time

def timer(func):
    def wrapper(*args, **kwargs):
        start_time = time.time()
        result = func(*args, **kwargs)
        end_time = time.time()
        print(f'{func.__name__} took {end_time - start_time} seconds.')
        return result
    return wrapper

@timer
def my_function(x):
    return x * 2

print(my_function(10))


このコードでは、@timerデコレータをmy_function関数に適用して、関数の実行時間を計測しているよ。

具体的にどうやって使うの?

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: デコレータを使うには、@デコレータ名を関数定義の前に記述するんだ。上の例では@timerがそれにあたるよ。これだけで、指定した関数にデコレータが適用されるんだ。

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: 了解だよ。複数のデコレータを同時に適用することもできるんだ。例えば、関数の実行前後にログを出力するデコレータと、実行時間を計測するデコレータを組み合わせることができるよ。

@logger
@timer
def another_function(x):
    return x ** 2

この場合、another_function関数に先に@timerが適用され、次に@loggerが適用されるんだ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そういうわけで、デコレータを使えば、関数の再利用性を高めつつ、コードの可読性も保ちながら、柔軟に関数の機能を拡張できるんだ。

ただし、デコレータを使う場合は、コードの流れを追いやすくするためにも、デコレータの挙動をしっかり理解しておくことが大切だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonのデコレータは、関数やメソッドに追加機能を「装飾」として付け加える強力な機能です。関数の挙動を変更したり、機能を追加することができ、コードの重複を避けることができます。

ナカイ君のように基本からしっかり学んで、デコレータを活用してみましょう!


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
PAGE TOP