バックエンド

Pythonで多段の辞書型を使いこなそう

Pythonで多段の辞書型(連想配列)ってどういうこと?

ナカイ君: Pythonで多段の連想配列の使い方が知りたいな。

世界のアオキ: OK、そうだね。多段の連想配列ってのは、辞書の中に辞書が入っている状態を言うんだ。データが階層構造を持っている時にすごく便利なんだよ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろん。たとえば、ある学校のクラスごとに、生徒の名前と成績を管理したい場合、多段の辞書型を使うといいんだ。「学校 = {“1年A組”: {“太郎”: 80, “次郎”: 75}, “1年B組”: {“花子”: 90, “美智子”: 85}}」みたいに使えるんだ。

Pythonで多段の辞書型(連想配列)を作る方法

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: そうだね、こんな感じで作れるよ。

# 多段の辞書型の作成
学校 = {
    "1年A組": {"太郎": 80, "次郎": 75},
    "1年B組": {"花子": 90, "美智子": 85}
}

# 多段の連想配列の内容を表示
print(学校)




多段の辞書型(連想配列)の基本的な使い方

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: それぞれの階層にアクセスするためには、キーを順に指定していくんだ。そして、新しいデータを追加する時も同じようにできるよ。

# 特定のクラスの成績を取り出す
print(学校["1年A組"])

# 特定の生徒の成績を取り出す
print(学校["1年A組"]["太郎"])  # 80

# 新しい生徒の成績を追加
学校["1年A組"]["新しい生徒"] = 85
print(学校["1年A組"])




ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: 多段の連想配列では、ループを使ってデータを探索したり、特定の条件に合うデータを抽出することもできるんだ。

# 各クラスの生徒の成績をループで表示
for クラス, 生徒情報 in 学校.items():
    print(クラス)
    for 生徒, 成績 in 生徒情報.items():
        print(f"    {生徒}: {成績}")




ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そうなんだよね。ただ、多段の連想配列を使う時は、データ構造を事前にしっかり考えておくことが大事だよ。それでないと、データを取り出す時に混乱してしまうからね。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

この記事では、Pythonで多段の連想配列を使う方法について学びました。

多段の連想配列は、階層的なデータ構造を持つデータを扱うのに非常に便利です。

基本的な作り方から、特定のデータの取り出し方、新しいデータの追加方法、そしてデータの探索方法までを見てきました。この記事がPythonで多段の連想配列を使い始める際の一助となれば幸いです。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  2. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  3. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  4. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  5. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
PAGE TOP