ブロックチェーン

【ブロックチェーン】とは わかりやすくまとめてみた【普及しない原因とプライベート版】

先日とある動画を見て、
そのわかりやすさに衝撃を受けまして、

そういえばこのブログも元々は、
『ブロックチェーン』や『仮想通貨』が始まりだったなと
思い出すきっかけになり、

久方ぶりに、
『ブロックチェーン』についてまとめてみることにしました。

Sponsored link

ブロックチェーンとは 新技術がゆえのハードル

『インターネット以来の発明』と言われ、
革新的な技術とされている『ブロックチェーン』。

やりとりした記録などを、1台のパソコンではなく、
世界中たくさんのパソコンに暗号化して記録しておくことで、

内容の書き換え、改竄(かいざん)ができない仕組みになっていて、
世界中でじわじわと広がっています。

内容の書き換え、改竄(かいざん)ができないということで、

公的文書や証明書などと比べても、
情報の信頼性が高いとされています。

『ブロックチェーン』の仕組みを使えば、

  • お役所の各種書類、証明書
  • 不動産の売買購入履歴
  • 病院の診断・通院履歴
  • ネット投票(不正防止)

などにも応用できるとされています、が、

お役所の仕事が減るとなると、
当然のように困る人たちがたくさんいるわけで。

『ブロックチェーン』の普及が遅い原因はというと、
大きく2つの壁が立ちはだかっているのかなと考えています。

  1. 法律・・(書類やはんこを残さないといけないルール)
  2. 既得権益・・(それでお金を稼いでいる人たちの反発)
アオキ
革新的な技術というのは、既存の仕組みを変える力をもってるわけですな。(それを嫌がる人もたくさんいると。)

プライベートブロックチェーンとトークンエコノミー

国境を超えて分散化できると言われていた『ブロックチェーン』ですが、

現実的には、国境を越えるとなると国ごとの『法律・規則』も関わってくるわけで、

全世界同じルールで、というのはなかなか難しいという状況のようで。

また、『ブロックチェーン』の仕組みを使った『ビットコイン』も、

1%の所有者が90%以上を保有しているため、
まとめ売りで価値暴落のリスクがあるようです。

アオキ
まとめ売り、価格暴落の事を『ラストデイ』と呼ばれています。

じゃあ『ブロックチェーン』だめじゃーん。

と言うことで一時期ブームが落ち着いていた感があったのですが、近年新しい潮流がきているようで。

全世界対象ではなくて、一部分対象に絞った、

  • プライベートブロックチェーン

という考え方がでてきたようです。

プライベートなので、限定的な地域だけ、限定的な業界だけ、という具合ですね。

また、
限定的な地域だけ、
限定的な業界だけで使える

『トークンエコノミー』という考え方も登場してきました。

  • トークンエコノミー・・トークンという代変貨幣を用いた経済圏

実はすでに、

  • LINEコイン・・LINE版トークンエコノミー
  • GMO・・地域トークン
  • 西野亮廣さんのオンライン・・レターポット

など、大手企業も、個人のコミュニティでも、
少しずつ参入している状況のようです。

トークンエコノミーとは?可能性と活用事例について

【キングコング西野亮廣】レターポットが描く新しい経済とは?

アオキ
トークンエコノミーはいずれもっと掘り下げていきたいと思います。
Sponsored link

ブロックチェーンとは わかりやすい動画

『ブロックチェーン』についてわかりやすい動画というのはこちら。

動画のベースになっている書籍はこちら。

created by Rinker
翔泳社
¥1,760 (2019/12/15 19:22:50時点 Amazon調べ-詳細)

『オリエンタルラジオ』の『中田敦彦』さんは、
最近どんどんYoutubeなどで『IT/企業研究/歴史』などの情報発信していて、
みるみるうちにチャンネル登録数100万人を突破したそうで。

アオキ
Youtube広告収入だけで億いく計算だそうで。すごいなぁ。

ブロックチェーンとは わかりやすく

動画の一部を抜粋しつつ整理すると、

2020年から始まる『5G』時代には4つの神器があると。

  • IoT・・・情報収集
  • クラウド・・情報保管
  • ブロックチェーン・・記録
  • AI・・分析

IoT/クラウド/AIはどれも『中央集権的』だけれど、
『ブロックチェーン』だけは『非中央集権的』で性質が違うと。

  • 中央集権的・・中央(GAFAなど)にどんどん情報が集まる仕組み
  • GAFA・・Google, Amazon, Facebook, Apple などの超大手IT企業

『ブロックチェーン』は既存の4つの技術が組み合わせて成り立っています。

  • 暗号化技術・・詰めて並べる
  • コンセンサスアルゴリズム・・みんなに確認する
  • P2P・・リーダーを立てずにみんなでやろう
  • DLT(分散型台帳技術・・記録をみんなで持つ

なかでも、
『P2P(ピアツーピア)』という技術は、

日本発の『Winny(ウィニー)』というソフトが有名にした技術でした。

世界最先端の技術だったのですが、
違法動画を上げるツールとして使われ、開発者が逮捕されてしまって。
(裁判の結果、開発者は無罪、その2年後に亡くなられて・・)

日本が失った天才、金子勇の光と影

それらのITの技術が結集して、

  • 情報改ざんのない、
  • 中央に権力が集まらない
  • フラットな社会

をつくるための革新的な技術が、『ブロックチェーン』というわけです。

アオキ
いろんな方々の知識が集結した結果、革新的な技術に生まれ変わったわけですな。

ブロックチェーンをまとめてみて

革新的な技術がゆえに、
特に日本では開発が遅れている感のある『ブロックチェーン』。

パブリックなブロックチェーンは普及するのにハードルが高いですが、
プライベートなブロックチェーンなら、

これから徐々に増えていきそうな感があります。

地域の問題解決の糸口の一つとして、

『ブロックチェーン』もまた掘り下げていこうかなと思っています。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 学び・教育

    『ニュータイプの時代』〜リベラルアーツとテクノロジーの融合〜
  2. IoT関連

    【Arduino】ラジコンをつくってみた 〜今ドキのプログラムの覚え方
  3. バックエンド

    【厳選8冊】ホームページを作れるようになるためのおすすめ本【初心者向け】
  4. バックエンド

    【Python】手軽に試す方法2つとwebフレームワークについて【初心者向け】
  5. CG関連

    【WebGL】入門 わかりやすく【図解】してみた
PAGE TOP