バックエンド

Laravelマニュアルで言語ファイルが消えた件

2024年前半にLaravel日本語マニュアルが変更されまして、

以前に存在していた日本語の言語ファイルが消えてしまったので、

その対策方法を残しておくことにします。

対策 githubからダウンロード

Udemyで扱っているコードは全てgithubにアップロードしていますので、

それぞれの講座のgithubから適時ダウンロードいただければと思います。

Laravel 第1弾

Laravel第2弾 (マルチログインでECサイト)

Laravel第3弾 (Jetstream x 予約システム)

Laravel第4弾 (Vue.js x Inertia 顧客管理システム)

Laravelのバージョンにより言語フォルダの位置が違いますので注意してください。

Laravel8

resources/lang フォルダ

Laravel9

langフォルダ

Laravel10以降

デフォルトではlangフォルダなし。下記コマンド実行でlangフォルダ生成されるので、その中に必要なファイルを保存する。(enフォルダが生成されるので、jaフォルダは別途作成必要)

php artisan lang:publish


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. 生成AI

    2024/5/14 OpenAI発表 まとめ
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock