育児

赤ちゃんの鼻水吸引ならオススメは『メルシーポット』な3つの理由

2歳くらいまでの育児で気になる事といえば、
なんといっても『鼻水』ではなかろうか。

保育園に通わせた頃から、
月イチ以上のペースでもらってくる風邪からの鼻水ダラダラ。

寝るときも鼻がつまっていると息が苦しそうだし、
くしゃみをするたび青っ鼻になるし。

赤ちゃんだから自分で鼻水をフーンと出すことはできず、
ほおっておくと簡単に『中耳炎』になるので
2度も3度も耳鼻科にお世話に通うことになり。

耳鼻科の先生
また鼻水をとりに来てくださいね。

なんて言われても、
こちとら仕事もしてるしそんなに時間ないし。

一度は2〜3000円くらいのポータブル鼻水吸引器を買ってはみたものの、

肝心の吸引力がパットせず、お役御免に。

2人目が生まれ、
絶え間ない『鼻水との格闘』の末、
最強と名高い『メルシーポット』をついに購入したのでした。

アオキ
ダイソンもびっくりの驚きの吸引力でございます。

赤ちゃんの鼻水吸引ならオススメの理由その1 吸引力

『メルシーポット』の魅力はなんといっても吸引力。

『-83kPa』という耳鼻科レベルの鼻水吸引を
手軽に使えるということで、

鼻水が見えた瞬間にセットし、グイーンというBGMとともに、

奥の方に溜まった鼻水をズルズルっとまとめて吸引することに成功。

吸ってる時は嫌がっている子供も、
スッキリするのを実感するからか、最近はおとなしく吸引させてくれるようになりました。

赤ちゃんの鼻水吸引ならオススメの理由その2 簡単操作・手入れも簡単

なんといっても電源コードをコンセントにさして電源ONで吸引開始。

吸引前後に、
なめらかに鼻水が通るよう水を吸引しておく必要があるのですが、

吸引するのも気持ちよく、イクメンとしても簡単に操作できたのでした。

容器も大きいのである程度たまったタイミングでまとめて捨てることができるし、

部品もわけて洗えるのでお手入れも楽ちんです。

赤ちゃんの鼻水吸引ならオススメの理由その3 携帯も簡単

電源があって水さえ用意できればどこでも使えるので、
親戚や旅行先などにも手軽に持ってけるのもポイント高。

年末年始など長期休暇でどうしても鼻水が出ちゃう時でも安心して外出する事ができます。

赤ちゃんの鼻水吸引ならオススメのメルシーポットを手に入れて

前に使っていた鼻水吸引器と比べると
多少お値段はかかってしまうのですが、

鼻水が出るたびに耳鼻科に行くのではとっても大変なので、

思い切って買って本当に良かったなと思います。

アオキ
赤ちゃんの鼻水で悩んでいるなら全力でオススメいたします!

関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    【JavaScript】初心者向けの動画をリリースしました【Udemy】
  2. オンライン教材

    【PHP/Laravel】初心者向けの動画をリリースしました【Udemy】
  3. 学び・生涯学習

    アンケートのお願い Udemy 次Laravelシステムとフロントについて
  4. バックエンド

    【Laravel第3弾】イベント予約システムの作り方をリリースしました【TALL…
  5. バックエンド

    【Laravel(PHP)】でできる事をわかりやすく(ざっくりと)まとめてみた【…
PAGE TOP