バックエンド

Pythonの非同期処理(async)を理解しよう!

Pythonのasyncって何?

ナカイ君: Python asyncについてわかりやすく教えてほしいんだけど。

世界のアオキ: OK、Pythonのasyncは非同期プログラミングをサポートするためのキーワードだよ。非同期プログラミングを使うと、プログラムが一つのタスクを待っている間に他のタスクを実行できるから、効率的にタスクを管理できるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: そうだね。例えば、ウェブサイトからデータを取得する処理を行っている間に、他の計算を続けることができるんだ。これによって、プログラム全体の実行時間を短縮できるよ。

わかりやすいコード例

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろんだよ。非同期関数を定義するには、関数定義の前にasyncキーワードを使うんだ。

import asyncio

async def my_async_function():
    print('Hello')
    await asyncio.sleep(1)
    print('async')

# 非同期関数を実行する
asyncio.run(my_async_function())

このコードでは、my_async_functionが非同期関数で、awaitキーワードを使ってasyncio.sleep(1)が完了するのを待っているよ。

具体的にどうやって使うの?

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: 非同期関数を呼び出すには、awaitキーワードを使うか、asyncio.run()を使ってトップレベルで実行するんだ。awaitを使うと、その関数の完了を待つことができるよ。

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: 了解だよ。複数の非同期タスクを同時に実行したい場合は、asyncio.gather()を使うといいんだ。

async def task1():
    await asyncio.sleep(1)
    print('task1 finished')

async def task2():
    await asyncio.sleep(2)
    print('task2 finished')

async def main():
    await asyncio.gather(task1(), task2())

asyncio.run(main())

このコードでは、task1task2が同時に実行され、全てのタスクが完了するのを待っているよ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そういうわけで、asyncawaitを使うことで、Pythonで効率的な非同期プログラミングができるんだ。ただし、非同期プログラミングは複雑になりがちなので、使う時は注意してね。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonのasyncキーワードを使った非同期プログラミングは、プログラムの効率を大きく向上させることができます。

awaitを使って非同期関数の完了を待ったり、asyncio.gather()で複数のタスクを同時に実行したりすることで、タスクの実行を最適化できます。

ナカイ君のように基本からしっかり学んで、非同期プログラミングの力を活用してみましょう!


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP