バックエンド

Pythonで例外処理をマスターしよう!

Pythonでの例外処理って何?

ナカイ君: Pythonの例外処理についてわかりやすく教えてほしいんだけど。

世界のアオキ: OK、例外処理とは、プログラム実行中に発生したエラー(例外)に対処するための仕組みだよ。これを使うことで、エラーが起きた時にプログラムが強制終了することなく、適切に対応できるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: そうだね。例えば、0で割り算しようとするとエラーが発生するけど、例外処理を使えば、そのエラーをキャッチして、ユーザーにエラーメッセージを表示するなどの対応ができるんだ。

わかりやすいコード例

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろんだよ。例えば、次のように書けるよ。

try:
    result = 10 / 0
except ZeroDivisionError:
    print("0で割ることはできません!")




このコードでは、tryブロック内で0で割り算をしようとしているけど、exceptブロックでZeroDivisionError(0で割り算するエラー)をキャッチして、エラーメッセージを表示しているよ。

具体的にどうやって使うの?

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: tryexceptを使うのが基本だけど、さらにelsefinallyブロックを使うこともできるよ。elseはエラーが発生しなかった時に実行されるブロックで、finallyはエラーの有無に関わらず最後に必ず実行されるブロックだよ。

try:
    result = 10 / 2
except ZeroDivisionError:
    print("0で割ることはできません!")
else:
    print("結果は", result)
finally:
    print("計算終了")

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: 了解だよ。複数の例外を同時にキャッチすることもできるんだ。

try:
    # 何かの処理
except (ZeroDivisionError, ValueError) as e:
    print("エラーが発生しました:", e)

このコードでは、ZeroDivisionErrorValueErrorの2つのエラーを同時にキャッチしているよ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そういうわけで、例外処理を使えば、エラーに柔軟に対応できて、ユーザーフレンドリーなプログラムを作ることができるんだ。ただし、例外処理を使いすぎるとコードが読みづらくなることもあるから、適切なバランスが大切だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonの例外処理を理解し、適切に使用することで、エラーが発生した場合にも安全にプログラムを続行できます。

tryexceptの基本的な使い方から、elsefinallyを使ったより高度な処理まで、ナカイ君のように基本からしっかりと学び、日々のコーディングに活かしてみましょう!


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP