バックエンド

Pythonでよく使う繰り返し処理のサンプル集

Pythonで繰り返し処理ってどうやるの?

ナカイ君: Pythonでよく使う繰り返しのサンプルが知りたいな。

世界のアオキ: OK、Pythonでは「for」ループや「while」ループを使って繰り返し処理を行うんだ。これらはデータのリストを処理したり、特定の条件が満たされるまで処理を繰り返したりするのに便利だよ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろん。例えば、「for」ループを使ってリストの中身を一つずつ出力するサンプルや、「while」ループを使って条件が満たされるまで繰り返すサンプルがあるよ。これらは基本的な繰り返し処理の方法だね。

基本的な繰り返し処理のコード

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: まずは「for」ループのサンプルから見てみよう。

# リストの要素を一つずつ出力する
for item in ['りんご', 'ばなな', 'いちご']:
    print(item)

次に、「while」ループの基本的な使い方だよ。

# 条件が満たされるまで繰り返す
count = 0
while count < 5:
    print(f'カウント: {count}')
    count += 1

繰り返し処理の応用

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: さっきの基本的な例をもとに、もう少し応用してみよう。例えば、リスト内包表記を使って繰り返し処理を短く書く方法があるよ。

# リスト内包表記で繰り返し処理
squares = [x * x for x in range(10)]
print(squares)

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろんだよ。辞書(ディクショナリ)に対する繰り返し処理もよく使うパターンだね。

# 辞書のキーと値を繰り返し処理する
fruits = {'りんご': 100, 'ばなな': 150, 'いちご': 200}
for fruit, price in fruits.items():
    print(f'{fruit}は{price}円です')

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そうだね。繰り返し処理は、コードをシンプルにし、同じ操作を効率的に行うためにとても重要だよ。ただ、無限ループには注意してね。条件がいつまでも満たされない場合、プログラムが終わらなくなってしまうから。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonで繰り返し処理を行う基本的な方法は、「for」ループと「while」ループを使うことだ。これらのループを使ってリストや辞書などのコレクションの要素を処理することができる。

リスト内包表記を使えば、より簡潔に繰り返し処理を書くことも可能だ。

繰り返し処理はプログラミングにおいて非常によく使われるので、これらの基本的なパターンをしっかりと理解して、自分のコードに応用してみよう。

ただし、無限ループには気をつけて、プログラムが意図したとおりに動くようにしようね。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  2. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  3. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  4. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  5. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
PAGE TOP