バックエンド

Python関数の使い方をマスターしよう

Pythonで関数ってどうやって使うの?

ナカイ君: Python関数の使い方をわかりやすく教えてほしいな。

世界のアオキ: OK、そうだね。関数ってのは、特定の「タスク」を実行するためのコードのまとまりだよ。プログラムを効率的にするために使われるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろん。たとえば、何かの数値を2倍にする関数を作ってみよう。

「def」キーワードを使って、関数を定義するんだ。

「double_number」という関数名で、引数に「number」を取って、それを2倍にして返すようにしよう。

Pythonで関数を定義する方法

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: そうだね、こんな感じで書けるよ。

# 関数の定義
def double_number(number):
    return number * 2

# 関数の使用
result = double_number(4)
print("結果は", result)  # 結果は 8

関数を使ったプログラム例

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: ここで例をひとつ見てみよう。例えば、リストの各要素を2倍にして新しいリストを作る関数を書くんだ。

# 関数の定義
def double_list_elements(my_list):
    return [element * 2 for element in my_list]

# 関数の使用
my_numbers = [1, 2, 3, 4]
doubled_numbers = double_list_elements(my_numbers)
print("2倍にしたリスト:", doubled_numbers)

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: そうだな。関数は引数を複数取ることもできるし、何も返さない(副作用のみを持つ)こともあるよ。たとえば、ユーザーに挨拶する関数を作ってみよう。

# 関数の定義
def greet_user(name):
    print("こんにちは、" + name + "さん!")

# 関数の使用
greet_user("ナカイ君")

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: ただ、関数を書く時には、それが何をするものかをはっきりさせること。一つの関数には一つのタスクだけをさせるのがいいんだ。やっちゃだめだよ、複雑すぎる関数を作るのは。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

この記事では、Pythonで関数を使う基本的な方法について学びました。

関数はコードの再利用を促進し、プログラムの構造を整理するのに役立ちます。基本的な関数の定義から、引数の使い方、関数からの値の返し方までを見てきました。

また、複数の引数を持つ関数や、値を返さない関数の例も紹介しました。プログラミングを学ぶ際には、関数を上手く使いこなすことが大切です。

この記事がPythonで関数を使い始める際の一助となれば幸いです。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  2. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  3. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP