バックエンド

Python 条件分岐の細かいテクニックをマスターしよう

Pythonで条件分岐をもっと上手に使いたい!

ナカイ君: Pythonで条件分岐の細かいテクニックを知りたいな。

世界のアオキ: OK、Pythonの条件分岐では「if」、「elif」、「else」を使うんだけど、ここにちょっとした工夫を加えると、もっと便利に、読みやすいコードを書けるようになるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろんだよ。例えば、「and」や「or」を使った複数条件の組み合わせ、一行で書く条件式、値がリストや辞書に含まれているかのチェックなど、いろいろなテクニックがあるんだ。

条件分岐の基本テクニック

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: まずは基本的なテクニックから見てみよう。

# 複数条件の組み合わせ
age = 20
if age >= 18 and age <= 65:
    print('成人です')
else:
    print('未成年か、シニアです')

# 一行での条件式
status = 'OK' if age >= 18 else 'NG'
print(status)

# リストに値が含まれているかのチェック
fruits = ['りんご', 'ばなな', 'いちご']
if 'ばなな' in fruits:
    print('ばなながあります')





条件分岐の応用テクニック

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: さっきの基本を踏まえて、もう少し応用してみよう。複雑な条件や、辞書を使った例を見てみるよ。

# 辞書で条件分岐
user = {'name': 'アオキ', 'age': 42}
if user.get('age', 0) >= 18:
    print(f"{user['name']}さんは成人です")

# 複数の値で条件分岐
color = '赤'
if color in ['赤', '青', '緑']:
    print(f"{color}は基本色です")

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: さらに応用すると、例えば関数の戻り値を直接条件分岐に使う方法もあるよ。また、例外処理を組み合わせた条件分岐も便利だね。

# 関数の戻り値を使った条件分岐
def check_number(num):
    return num % 2 == 0

number = 10
if check_number(number):
    print(f"{number}は偶数です")

# 例外処理を使った条件分岐
try:
    result = 10 / 0
except ZeroDivisionError:
    print('0で割り算はできません')





ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そうだね。条件分岐は、ただ「if」を使うだけじゃなくて、こういったテクニックを駆使することで、より効率的で読みやすいコードが書けるようになるんだ。でも、複雑にしすぎないことも大切だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonでの条件分岐は、プログラミングにおいて非常に重要な要素だ。基本的な「if」、「elif」、「else」の使い方から始めて、複数条件の組み合わせや、一行での条件式、リストや辞書を使ったチェックなど、さまざまなテクニックを学ぶことで、より洗練されたコードを書くことができるようになる。

ただし、コードの読みやすさを保つためにも、複雑にしすぎないように注意しよう。これらのテクニックを上手く活用して、効率的なプログラミングを目指してみてね。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  4. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  5. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
PAGE TOP