バックエンド

python 値があるかどうかの判定方法(phpとの比較)

pythonで値があるかどうかの判定方法をまとめています。

php経験歴が長いのでphpと比較しています。

phpで !== null をpythonで書く

変数がnullでないことを確認。

Pythonの場合はNoneが相当する。判定するには is not None を使う。

if var is not None:
    # varがNoneでない場合の処理

php で empty を pythonで書く

phpのempty()は変数が空かどうかの判定。

Pythonでは if not var: を使って、空かどうか判定できる。

文字列、リスト、辞書、Noneなど全てFalseと評価される。

if not var:
    # varが空の場合の処理

php で isset を pythonで書く

phpのisset()は、変数がセットされているかどうか(nullでないかどうか)を判定する。

Python は直接の代替はないものの、辞書のキーが存在するかどうかのチェックで、in を使うことが多い。

if 'key' in dictionary:
    # dictionaryに'key'が存在する場合の処理


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  3. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  4. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  5. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO