MENTA

ポートフォリオ添削をやってみた(テーブル設計で大事な事)

MENTAを経由してご契約いただいている方と打ち合わせして、

とある(外国の)求人サイトをモデルにウェブシステムを作ろうという話になりました。

MENTA(あなただけの、パーソナルメンターを)

複数人でウェブシステムを作る場合、最低限下記の情報が必要だと考えています。

  • テーブル設計
  • ER図
  • URL設計
  • 機能一覧

特に大事なのがテーブル設計。

データベースにどんな情報を、どういう形で保存していくかという情報です。

ここがめちゃくちゃだとウェブシステム自体がめちゃくちゃになります。

簡単なサンプルだけお渡しして、実際につくってもらうことになりました。

テーブル設計の添削ポイント

実際にウェブシステムを作る上で、必要なポイントは以下になります。

  • モデル名・列名がわかりやすいか
  • データ型があっているか
  • 項目が過不足ないか
  • リレーションが設定されているか(外部キー制約の有無)

今回は求人サイトという事で、企業側と応募する側でそれぞれ情報が必要になります。

企業として掲載したい情報、見たい情報、見せたい情報があれば、
応募する側が見たい情報、登録したい情報

など様々あるので、

ざっとリストアップしてテーブル数が15〜20くらいにはなりそうです。

テーブル設計で必要な事 (使う人をイメージしてみる)

添削前のテーブル設計をみると、

応募する側はそれなりに情報があったものの、
企業側のテーブル情報が足りないように感じました。

きっと実際に求人サイトを使ったことがあるのだろうと思いつつ、
企業側として使う機会はなかなかないので、イメージもつきづらいのだろうなと感じたり。

別業界でもいいので実際にウェブシステムを使って、使う側はもちろん、情報を登録する側も触ったりするとイメージがつきやすくなるのですが、

初学者の方にとってはその機会もなかなかないかもしれないので、

いいサポートができればなと思いながらポートフォリオ添削にあたりました。

テーブル設計をやってみて

一人で黙々と作業をしていると、
どうしても見落としがあったり、ややこしいところを後回しにしたまま放置したり、自分に甘さがでてきたりして、中途半端な資料になったりするので、

できるだけ早いうちに第3者と相談して、テーブル設計の勘所を抑えられるようになれば、後々楽になるかなと感じています。

ウェブシステムを作りたい、システム設計をやってみたいという場合はぜいお気軽にMENTA経由にてご連絡くださいませ。

MENTA(あなただけの、パーソナルメンターを)


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock