バックエンド

PythonでEnumを使う方法: 中学生でも理解できる解説

PythonのEnumはどうやって使うの?

ナカイ君: Pythonのenumの使い方をわかりやすく教えてほしいな。

世界のアオキ: OK、Enum(列挙型)っていうのは、変更されない値(定数)の集合に名前を付けるための方法だよ。

たとえば、週の日(月曜、火曜…)や色(赤、青、黄色…)など、限定された選択肢を扱いたい時に便利なんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: 例えば、「曜日」をEnumで定義することで、プログラム内で「月曜」や「火曜」といった値を安全に使えるようになるんだ。これによって、タイプミスを減らしたり、意味のある名前を使えるようになるんだよ。

Enumの基本的なコード例

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろん、PythonでEnumを使う基本的な例を示すよ。

from enum import Enum

# 曜日をEnumで定義
class Weekday(Enum):
    MONDAY = 1
    TUESDAY = 2
    WEDNESDAY = 3
    THURSDAY = 4
    FRIDAY = 5
    SATURDAY = 6
    SUNDAY = 7

# Enumの値を使う
day = Weekday.MONDAY
print(day)





Python Enumの使い方

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: Enumを使うと、コードがもっと読みやすく、安全になるんだ。例えば、条件分岐でEnumの値を使ってみよう。

if day == Weekday.MONDAY:
    print("今日は月曜日だね。")




ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: Enumには便利な機能がもっとあるよ。例えば、Enumの名前や値を取得する方法だね。

# Enumの名前と値を取得
print(day.name)
print(day.value)

これで、Enumの値がどんなものか、その名前や数値を簡単に知ることができるんだ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そういうわけで、Enumを使うと、コードに意味のある名前を付けられるし、エラーの可能性も減らせるんだ。

ただし、Enumを使う時は、値を直接比較するのではなく、Enumの型を使って比較することが大切だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!やってみるよ!

まとめ

この記事では、PythonのEnum(列挙型)の基本的な使い方を中学生にもわかりやすく説明しました。Enumを使うことで、コードに意味のある名前を付けられ、エラーのリスクを減らすことができます。

基本的な定義方法から、Enumの値を使った条件分岐、名前や値の取得方法までを解説しました。

Enumを使いこなすことで、より安全で読みやすいプログラムを書くことができるようになります。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  3. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
PAGE TOP