バックエンド

Python ラムダ式の使い方をわかりやすく解説!

ラムダ式って何?

ナカイ君: Python のラムダ式って何?
世界のアオキ: ラムダ式は、ちいさな無名関数のことだよ。短い関数を「ラムダ」キーワードで一行で書けるんだ。
ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?
世界のアオキ: もちろん。たとえば、2つの数を足す関数は普通こんな感じで書くけど、「lambda x, y: x + y」って書けば、もっと短くてシンプルにできるんだよ。

ラムダ式の基本的な使い方

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。
世界のアオキ: そうだね、例えばこんなコードがあるよ。「double = lambda x: x * 2」。これで、double(5)を実行すると、結果は10になるんだ。

ラムダ式を使った便利な例

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?
世界のアオキ: よくリストの要素を操作する時に使うよ。「sorted([1, 2, 3, 4], key=lambda x: -x)」って書くと、リストが逆順でソートされるんだ。
ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。
世界のアオキ: もちろん、たとえばリストの中の文字列を長さでソートしたい時、「sorted(['apple', 'banana', 'cherry'], key=lambda x: len(x))」って使えばいいんだ。
ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。
世界のアオキ: そうなんだよね。ただ、ラムダ式はシンプルな操作に限るよ。複雑になると読みにくくなるから注意してね。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

ラムダ式はPythonで小さくて便利な無名関数を書くための方法だよ。単純な一行の関数を作る時に使えて、特にリストの操作や小さい関数が必要な時に便利。でも、使う時はコードが読みやすいかどうかをいつも考えてね。複雑なことをする時は、普通の関数定義の方がいいかもしれないよ。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  2. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  3. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock