バックエンド

Python 変数の使い方をわかりやすく解説!

Pythonで変数を使ってみよう

ナカイ君: Pythonで変数の使い方がいまいちわからないんだけど、教えてもらえる?

世界のアオキ: OK、そうだね。変数(へんすう)ってのは、データを一時的に保存するための箱みたいなものだよ。名前をつけて、そこに色々な情報を入れておけるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろん。たとえば、age = 14って書くと、「age」という名前の箱(変数)に14という数字(値)を入れているんだ。こうすることで、「age」という名前でいつでも14を取り出せるようになるんだよ。

簡単なコードで変数を理解しよう

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: よし、こんなコードを見てみよう。

name = 'ナカイ君'
print(name)


これは、「name」という箱に「ナカイ君」という文字を入れて、それを表示しているんだ。

変数の活用方法

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: こんな感じだよ。

favorite_food = 'カレーライス'
print('僕の好きな食べ物は', favorite_food, 'です。')

ここでは、「favorite_food」という変数に「カレーライス」という値を入れて、それを文章の中で使っているんだ。

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろん。例えば、計算にも使えるんだ。

number_one = 10
number_two = 20
total = number_one + number_two
print('合計は', total, 'です。')

これで、「number_one」と「number_two」の合計を計算して、「total」という変数に入れて表示しているんだよ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そうなんだよね。ただし、変数にはルールがあってね、名前をつけるときは数字から始めちゃだめだし、空白も入れちゃいけないんだ。英字やアンダースコア(_)で始めるのが基本だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonの変数は、データを保存しておくための便利な「箱」です。

名前をつけることで、そのデータをプログラムのどこからでも呼び出して使うことができます。文字列や数字を保存したり、計算結果を格納したりすることができます。

ただし、変数名をつける際にはいくつかのルールがありますので、その点にも注意してくださいね。

変数の使い方をマスターすることで、Pythonプログラミングがもっと楽しく、もっと便利になりますよ。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 生成AI

    2024/5/14 OpenAI発表 まとめ
  2. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  3. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  4. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、
当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

あなたが広告をブロックする権利があるように、
当方も広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock