バックエンド

Python 変数の使い方をわかりやすく解説!

Pythonで変数を使ってみよう

ナカイ君: Pythonで変数の使い方がいまいちわからないんだけど、教えてもらえる?

世界のアオキ: OK、そうだね。変数(へんすう)ってのは、データを一時的に保存するための箱みたいなものだよ。名前をつけて、そこに色々な情報を入れておけるんだ。

ナカイ君: もっと具体的に教えてくれない?

世界のアオキ: もちろん。たとえば、age = 14って書くと、「age」という名前の箱(変数)に14という数字(値)を入れているんだ。こうすることで、「age」という名前でいつでも14を取り出せるようになるんだよ。

簡単なコードで変数を理解しよう

ナカイ君: わかりやすいコードがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: よし、こんなコードを見てみよう。

name = 'ナカイ君'
print(name)


これは、「name」という箱に「ナカイ君」という文字を入れて、それを表示しているんだ。

変数の活用方法

ナカイ君: 具体的にはどうやって使うの?

世界のアオキ: こんな感じだよ。

favorite_food = 'カレーライス'
print('僕の好きな食べ物は', favorite_food, 'です。')

ここでは、「favorite_food」という変数に「カレーライス」という値を入れて、それを文章の中で使っているんだ。

ナカイ君: 他のパターンがあれば教えてほしいな。

世界のアオキ: もちろん。例えば、計算にも使えるんだ。

number_one = 10
number_two = 20
total = number_one + number_two
print('合計は', total, 'です。')

これで、「number_one」と「number_two」の合計を計算して、「total」という変数に入れて表示しているんだよ。

ナカイ君: そうやって使えばいいんだね。

世界のアオキ: そうなんだよね。ただし、変数にはルールがあってね、名前をつけるときは数字から始めちゃだめだし、空白も入れちゃいけないんだ。英字やアンダースコア(_)で始めるのが基本だよ。

ナカイ君: わかった、ありがとう!

まとめ

Pythonの変数は、データを保存しておくための便利な「箱」です。

名前をつけることで、そのデータをプログラムのどこからでも呼び出して使うことができます。文字列や数字を保存したり、計算結果を格納したりすることができます。

ただし、変数名をつける際にはいくつかのルールがありますので、その点にも注意してくださいね。

変数の使い方をマスターすることで、Pythonプログラミングがもっと楽しく、もっと便利になりますよ。


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オンライン教材

    【AWS】【初心者向け】インフラの基礎からわかる講座をリリースしました【Udem…
  2. オンライン教材

    【React】初心者向け講座をリリースしました【MUI】【Udemy】
  3. バックエンド

    【Laravel第4弾】Vue.js3(CompositionAPI+Scrip…
  4. オンライン教材

    【ChatGPT】エンジニア編をリリースしました
  5. オンライン教材

    ChatGPTをビジネス活用する講座をリリースしました【Udemy】
PAGE TOP