テクノロジー

【5G】で未来はどう変わっていくのか〜 IoT/xR/AI/動画/自動運転

2020年から本格運用開始と言われている次世代通信『5G』。

これまでの生活がガラリと変わりそうななので、心の準備を兼ねて、

『5G』にまつわるあれやこれやを整理してみることにしました。

Sponsored link

5Gで何が変わるのか その1 歴史

『5G』のGというのは英語でGeneration(世代)。

『5G』というだけあって、これまでに1から4まで存在しました。

  • 1G 1979年 アナログ方式携帯電話・・音声
  • 2G 1993年 デジタル方式携帯電話・・メール/ネット
  • 3G 2000年代 モバイルブロードバンド時代
  • 4G 2010年代 高速化(動画)
  • 5G 2020年代 IoT/AR

音声だけだった電話から、

メールやネットが使えるようになって。

アオキ
J-Phoneとかiモードとか懐かしい・・

パケ放題が始まって、

スマホが登場して、

YouTuberがどんどん増えてきて、

そして『5G』になると。

アオキ
音声を1980年代とするとざっと40年経ってるんですね、、そりゃ進化もするわな・・

5Gの特徴〜何が変わるのか

5Gの特徴は大きく4つあるとされています。

  1. 高速・大容量化:1000倍のトラフィック量への対応、10Gbps以上の速度の達成
  2. 接続可能端末数:現状の100倍以上の端末接続のサポート
  3. 超低遅延、超高信頼性:1MS(ミリ秒)以下の伝送遅延、99.999パーセントの信頼性
  4. 省電力、低コスト

参考
5G(第5世代通信)を基礎から解説、通信の速度や用途は今後どう変わるのか

めっちゃ早くなって(今までの100倍以上!)

これまでパソコン・スマホくらいしかネットに繋がなかったのが、

あらゆるものがインターネットにつながるようになって。

(温度センサー、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、お風呂、車などなど)

何より重要なのが、

通信が(ほとんど)遅延しない

ということで、

例えば今までなら熊本と東京でテレビ会議をやるとしたら、

音声や映像が遅れたり、うまく届かなかったりしたところが、

さもすぐそばにいるかのように瞬時に届いて、しかもタイムラグはほぼ発生しないと。

アオキ
こりゃあまさに革命でっせ。

しかも低コストでさらに安くなると。

アオキ
いくらになるんだろうなぁ、月500円くらいに下がると嬉しいんだけど。
Sponsored link

5Gの特徴 3次元の大量の情報を瞬時にやりとりできる

超高速通信でめっちゃ安定する環境ということで、
これからどんどん発展すると期待されている分野がこれら。

  • IoT (モノのインターネット)
  • xR (VR/AR/MR)
  • 動画
  • 遠隔操作(医療・教育)
  • 自動運転
  • AI

他にもたくさんあると思いますが、

とにかく大量のデータを瞬時に送信したり受信したりできるので、

これまでパソコンやスマホで見ていた平面の情報だけではなく、

立体的な、3次元な情報もやりとりができるようになると言われています。

アオキ
空間認識となると、ますます数学や物理の知識が必要になってきますね。

例えばプロのサッカーの試合中にグラウンドに立って一緒にプレーする体験ができたりするそうです。

参考

自動運転もまさに奥行きが必要な3次元な情報が必須になるのですが、

『5G』になって3次元の情報でも瞬時に送れるようになり、

車と車を相互に状態把握しやりとりできるようになることで、

大幅に実現までの時間が短くなるようで。

アオキ
最近の自動車事故を見ると自動運転の必要性ますます感じますよね。。

5Gを取り巻く環境

2020年からの『5G』に合わせるかのように、

たくさんの新しい情報が毎日のように飛び回っています。

  • ドラゴンクエストウォーク(ドラクエのAR版)

  • nreal (アンリアル) (サングラス型ARゴーグル)

  • KDDIがnreal とパートナーシップを締結

  • Apple ARKit3発表

  • TOYOTAではすでにARレンズを仕事で活用しているそうで。

  • マイクロソフトではMR(VRとARの融合)の研究も進んでいるようで。

『5G』は電波の届く範囲が狭いそうですが、信号機に設置することでカバーするようです。

政府が日本全国の信号機20万基を5G基地局に活用検討へ、エリア拡大に弾み

アオキ
令和になってからますますスピードが増してる感がありますね。
Sponsored link

5Gで動画もますます増えていく

立体的な情報の他に、動画コンテンツも今後ますます増えてくると言われています。

動く映像というと、これまではテレビが独占的に放送していたのに対し、

Youtuberを皮切りにどんどん個人の動画が増えていて。

以前は子ども受けする動画ばかりだった印象ですが、

最近は本当に勉強になる動画も増えてきました。

NewsPicksのコンテンツで、

『tiktok』が若い子に流行っているのは、学校でダンスを習っているから

という意見があって、なるほどなと思ったんですが、

読み書きはするけれど動画の作り方、撮り方というのは学校では教えていないことなので、

これからは『動画塾』なるものも増えてくると予想されています。

アオキ
そういえば、小学生Youtuberとして話題の少年革命家ゆたぽんは、

アオキ
もうだいぶ稼いでいる計算になるそうです、すごい時代だ。。

5G まとめ 変化のスピードさらに加速中

インフラがどんどん加速していて、

見る側、作る側のハードウェアのスペックも必要になってくるとは思いますが、

日進月歩どんどん進化していくのは間違いありません。

今1歳の僕の娘が小学生になる頃には、

今とはまったく違う景色がひろがっているかも。

アオキ
テクノロジーはどんどん進化していくものなので、どうせなら楽しみながら乗りこなしていきたいもんですね。

参考インプット
WEEKLY OCHIAI 動画ビジネスをアップデートせよ

ポストスマホ時代のメディア論考

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Sponsored link
Sponsored link

最近の記事

Sponsored link
  1. P5.js (Processing)

    『ベクトル』の使い方のコツ〜『ベクトル』はただの数値の組み合わせです(4)【P5…
  2. Laravel

    【Django】【Laravel】【RubyOnRails】を比較してみた【初心…
  3. docker初心者向けdocker-composeからやったほうがいいかもよ

    ツール

    【Docker】初心者はdocker-composeから始めた方がいいかもしれな…
  4. クリエイティブコーディング

    プログラミングと三角関数〜小学生でもすんなりわかる三角関数を目指して
  5. IoT

    【Arduino】ラジコンをつくってみた 〜今ドキのプログラミングの覚え方
PAGE TOP