物理学

【粘性力】【粘性応力】【粘度】とは わかりやすくまとめてみた【流体力学】

サラサラな水があれば、ドロドロのスムージーもあって。

サラサラなアイスコーヒーもあれば、
ねっとりしたハニーラテもあって。

『液体』や『気体』を扱う『流体力学』では、

サラサラ・ドロドロ具合を表す『粘性(ねんせい)』という考え方があります。

  • 粘性(ねんせい)・・英語でviscosity(ヴィスコスティ)
Sponsored link

粘性と粘性力について

  • 粘性が高い・・スムージー・はちみつ・・ドロドロ
  • 粘性が低い・・水・・サラサラ

『粘性』があると、
スムーズな流れをさまたげようとするする
『粘性力(ねんせいりょく)』が働きます。

『空気』にもほんのちょっとだけ『粘性』があるそうで、

現実世界のあらゆる『液体・気体』はもれなく、
『粘性』と『粘性力』があることになります。

画像参照:液体の粘度と目安

また、
『粘性』は温度とも関係があるようで、

温度が上がるほど『粘度』が低くなり、サラサラになります。

アオキ
確かに、料理をするときに『サラダ油』を温めるとサラサラに変わりますな。

理想流体と粘性流体とは

現実世界の『液体・気体』にはもれなく『粘性』があるのですが、

どれくらい『粘性』があるかというのを切り離して考えられるようにするために、

『流体力学』では『粘性』がない状態のことも考えるそうです。

  • 理想流体(りそうりゅうたい)・・粘り気がなくて一様に流れる(現実にはありえない。)
  • 粘性流体(ねんせいりゅうたい)・・実在するリアルな流体

まずは『理想流体』として流れを考えて、
その後に『粘性』を考えたりします。

Sponsored link

粘性と速度勾配とは

世の中の全ての『液体・気体』には
『粘性』があり、『粘性力』が働いています。

例えば壁や土手に挟まれた『川』があるとして、
壁や土手に近い方は流れが遅く、
川の中心は流れが速くなっているのですが、

それは『粘性力』が働いていて、
壁に近い方がより強く、
『流れ』のブレーキをかけている事になります。

図で表すとこんな感じでしょうか。

壁に近いほど『粘性力』が強くて、
中心に近いほど『粘性力』が弱くなると。

また、
流れている『流体』の速度vを、
壁からの距離yで『微分』した dv/dy を、
『速度勾配(そくどこうばい)』と呼びます。

dyは同じだけどdvはだいぶ長さが違っています。

アオキ
カベに近い方が『速度勾配』が大きい・・『粘性力』も大きいってことかな。

というのが感覚的にわかればまずはいいのかなと思います。

『微分』についての参考記事

せん断力とは

『粘性』があるために、

例えばお風呂の上に板を置いてずらすと、
板に接している水だけではなくて、

その下の水も、
その下の水も、
その下の水も、

徐々にひっぱられるように動きます。

これを『せん断力(せんだんりょく)』といいます。

  • せん断力(せんだんりょく)・・ズレを生じさせる力

※『クエット流れ』という用語もあります。

Sponsored link

粘性応力とは

単位面積$ (1m^2) $あたりの粘性力の事を、

『粘性応力(ねんせいおうりょく)』といいます。

$\tau = \mu \frac{dv}{dy}$

$\tau$タウ・・粘性応力 (viscous stress (ヴィスコスストレス))
$\mu$ミュー・・粘度(Viscosity(ヴィスコスティ))

圧力と全圧力の関係に似ているようです。

(単位もN(ニュートン)とPa(パスカル)で同じ)

粘性
圧力(N) 粘性力(N)
全圧力(Pa) 粘性応力(Pa)

『圧力』についての参考記事

粘度と動粘度とは

『粘度(ねんど)』は、
『液体・気体』のドロドロ具合表す数字で、
『粘度係数(ねんどけいすう)』
とも呼ばれています。

先ほどの式を変形するとこうなって、『粘度』の式が出てきます。

$\nu = \frac{\mu}{dv/dy}$

  • $\nu$(ニュー)・・単位はPa・s(パスカル秒)

画像参照:液体の粘度と目安

アオキ
『粘度』は全ての『流体・気体』で関わってくるんですな。

また、

『動粘度(どうねんど)』という数値もあります。

  • 『動粘度(どうねんど)』・・粘度を密度で割ったもの。

  • $\nu$(ニュー)・・動粘度(単位は$m^2/s$

  • $\mu$(ミュー)・・粘度
  • $\rho$(ロー)・・密度
アオキ
ニャーニャーニャーじゃないよ、ニューミューローだだよ。

ちょっと長くなってきたので、
『動粘度(どうねんど)』は別の記事で扱いたいと思います。

Sponsored link

粘性力・粘性応力・粘度をわかりやすくまとめてみて

サラサラの水にしろ、
ドロドロのスムージーにしろ、
空気にしろ、

世の中の全ての『流体・気体』にはもれなく

『粘性』があることがわかりました。

『粘性』があるおかげで、
渦ができたり独特の動き方になるんでしょうね。

『流体力学』を知るにつれ、

現実世界のいろんなものに、
『粘性』があるんだよなぁと思うようになり、

物の見え方が少しだけ変わってきているかもしれませんね。

アオキ
『流体力学』は現実世界を表現するためには『必須』ですな・・もっと覚えていこ〜

『流体力学』関係ではこんな記事も読まれています。

1. 【流体力学】とは 圧力・密度・浮力をまとめてみた【初心者向け】

2. 【流体力学】 物体と流体の違いをまとめてみた【流量・連続の式・ベルヌーイなど】

3. 【粘性力】【粘性応力】【粘度】とは わかりやすくまとめてみた【流体力学】

4. 【ベクトル場】と【速度ベクトル】とは わかりやすく【ドラクエのすべる床】

アオキ
ツイッターでも記事ネタ含めちょろちょろ書いていくので、よろしければぜひフォローお願いしますm(_ _ )m

アオキのツイッターアカウント


関連記事一覧 (一部広告あり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

おすすめ書

  1. オンライン教材

    【PHP/Laravel】初心者向けの動画をリリースしました【Udemy】
  2. アート

    サイエンス×アート のおすすめ本【子どもと一緒に読みたい本】
  3. CG関連

    【P5.js】初心者向けの動画をリリースしました(プログラミング×数学物理)【U…
  4. オンライン教材

    【ExcelVBA】初心者向け講座をリリースしました。
  5. バックエンド

    【Laravel(PHP)】でできる事をわかりやすく(ざっくりと)まとめてみた【…
PAGE TOP