スクラッチ

【スクラッチ】でマリオ風の横スクロールアクションゲームを参考にいいとこ取りしてみる

子供向けプログラミング寺子屋『CoderDojo熊本』に参加したニンジャからいただいたご質問。

ニンジャ
マリオみたいなゲームが作りたい。
アオキ
やっぱゲームといえばマリオだよね。うん。

大人から子どもまでみんなが大好き『マリオ』。

そんな『マリオ』を『スクラッチ』でつくれないかといろいろググり、

いい参考ゲームがあったので簡単にまとめておくことにしました。

Sponsored link

スクラッチでマリオなゲームを探してみる

スクラッチのサイトで「見る」をクリックすると、世界中のあらゆる作品を見渡すことができます。

『ゲーム』をクリックして、どれにしようか天の神様の言う通り、と探したら、たまたまこの『ゲーム』を見つけました。

リンク

マリオです、どうみても。

正真正銘、マリオのパクリです、いや、模倣であり真似です、リスペクトでオマージュです、そして参考にしまくってます。

試しにmarioで調べたら、個性豊かなマリオ達がたくさんみつかります。

アオキ
著作権とか大丈夫?

と思いつつも、せっかくなので作品の裏側を見てみようと思います。

※著作権についてご指摘いただきましたので記事に追記しました。

スクラッチでマリオなゲームの裏側を見てみる

画面右上の『中を見る』をクリックすると、裏側があっさりとみれちゃいます。

ニンジャの質問にあった『左ボタンを押したら左を向く』、というのも見つけました。

90度に向けて右向き、反対側に向けるなら-90度ですね。

参考記事

しれっと角度やマイナスという概念もでてきて、簡単な算数の要素も入ってきてますね。

マリオが歩いているように見える動作も、パラパラ漫画の要領で幾つかの画像を用意して、

左か右のキーを押したら『次のコスチュームにする』ということで、パラパラするように実現しています。

『もし〜でなければ〜』というブロックは、プログラムでいうところの if 〜 else 文にあたり、

『定義[Walk]』というのは、プログラムでいうところの『ユーザー関数(ある動作をまとめておく)』だろうと思います。

ほかにも、

  • コインに触れたらコインの枚数が増える方法とか(当たり判定)
  • よくよく見ればマリオのX軸動いてないとか、
  • 背景が2つあるけどどう設定しているかとか、
  • クリボーどのタイミングで出てくんねんとか、

いろんな発見ができて、意外におもしろいです。

  • コインに触れたらコインの枚数が増える

  • 背景たっぷり準備されている

  • クリボーはレベルによって出てくる数がずいぶん違う

アオキ
ちなみにクリボーは英語でGoombaだそうです。知らなかった・・
Sponsored link

スクラッチでマリオなゲームの著作権

この記事を書いた後に、
著作権についてTwitterにて指摘をいただきました。

アメリカには『フェアユース規定』というものがあり、『フェアユース』を調べてみました。

「批評、解説、ニュース報道、教授(教室における使用のために複数のコピーを作成する行為を含む)、研究または調査等を目的とする著作権のある著作物のフェア・ユース(コピーまたはレコードへの複製その他106条に定める手段による使用を含む)は、著作権の侵害とならない」と定めており
Business lawyers

研究・調査・教育などの目的としてなら著作権の侵害とならないと。
そして日本では『フェアユース』の法律はないと。

日本政府には、2020年プログラミング教育義務化はいいとしても、このあたりの法律の整備もぜひお願いしたいものですね。

模倣から作品がつくられるということ

アメリカには『フェアユース』という文化があり、

『模倣(もほう)』に対して寛容というか、
スキルアップするためには『模倣』がかかせないというスタンスのようです。

  • 模倣・・真似をすること。

iPhoneを世に生み出したスティーブジョブスはこう言ったそうです。

ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むことに関して、恥じることはなかった。

参考リンク

この記事によると、

ピカソも、エジソンも、ジョブズも、コップラも、

様々な偉人の真似をし、盗み、創造性を高めていったようです。

もちろん本当に盗むのは犯罪行為なのでNGですが、
様々な作品を吸収し、混ぜ合わせ、オリジナルのアイデアを組み込む事で、

画期的な商品が世に産まれでてきたのだと。

また、ジブリの宮崎駿監督が、
20年間真似をし続けたという記事があがっていました。

いいものを真似て自分のものとする、という点ではまったくもっていい事だと思っています。

20年間、自分を捨ててお手本を真似し続けた宮崎駿。「型」が無い人に「型破り」なことは絶対にできない。

Sponsored link

スクラッチで模倣するということ

第1回『CoderDojo熊本』に来ていた親御さんから、

親御さん
うちの子は、こうやればいいと指示があればできるんだけど、いざ自分でつくろうとすると出来ないんです・・

なんてお悩みを伺ったのですが、その子はなんと、まだ6歳。

今はとにかくどんどん模倣して、どんどん真似て、いいところをどんどん吸収すればいいと思うんです。

自分の中にネタが溜まってきたら、ちょっとずつ組み合わせて変えていけば。

アイデアをひねり出す方法として有名な『オズボーンのチェックリスト』も、既存のものを活用してアイデアを出す方法ですし。

参考リンク

そういう意味で、子供向けプログラミング『スクラッチ』は、参考になる作品がたくさん。

スクラッチのコミュニティガイドラインにもこう記されています。

共有すること。
Scratchで見つけたプロジェクトやアイディア、画像などすべてのものは、自由にリミックスできます。同様に、あなたがシェアしたものも、誰でも自由に使うことができます。リミックスするときは、必ずクレジット(元の作者名)を「作品への貢献」として記載してください。

コミュニティガイドライン

また、共有することを前提に、あらかじめ用意してあるブロックを組み合わせて作るので翻訳の手間もなく、

世界中のあらゆる作品の裏側を、これでもかというくらいに全部見れちゃいます。

自由に真似て、自由に取り入れて、よりよいゲームや作品が増え続けるという、とんでもない仕組みです。

アオキ
なんてものをつくったんだMIT(マサチューセッツ工科大学・・)

スクラッチでマリオなゲームを模倣してみて

『フェアユース』の考え方で、

『スクラッチ』にはたくさんのゲームが転がっていて、

その作り方までもしっかり見ることができるようになっています。

作りたいゲームの作り方、計算の仕方、考え方を、
一部分でも切り取って模倣していくことで、

次第に自分の知識が深まっていくでしょうし、

ひいては現実世界でも応用できるようなスキルが身についてくるのかなと思います。

どんどん模倣して、いい作品をつくっていきたいもんですね。

アオキ
マリオはほとんどのゲームやアーティストに影響を与えたとんでもない作品だったんだろうなと、今になって思いますね。

『スクラッチ』ではこんな記事も読まれています。

1. 【スクラッチ】でシューティングゲームのかんたんなつくり方

2. 【スクラッチ】ジャンプをする方法〜3ステップでジャンプできるようになる〜

3. 【スクラッチ】角度や回転を使う方法【動画】【初心者向け】

4. 【スクラッチ】で花火をつくる方法【動画あり】【初心者向け】

5. 【スクラッチ】シューティングで敵の弾をつくる方法【画像たっぷり】

6. 【スクラッチ】でセーブする方法を考えてみる〜基本的な考え方〜

7. 【スクラッチ】でマリオ風の横スクロールアクションゲームを参考にいいとこ取りしてみる

8. スクラッチ(scratch)とマインクラフト(minecraft)を連携させて子ども向けプログラミングのネタを増やしてみた

9. 【スクラッチ】時間が経つと敵が増えて難しくしたい、というリクエストを叶えるために

10. 【スクラッチ】で【三角関数】の使い方をわかりやすくまとめてみた

↓↓ スクラッチのその先へ ↓↓

1. パソコンのキーボード練習の4つのステップをまとめてみた

2. プログラムで数学も身につく 一石四鳥なクリエイティブコーディング

3. 【三角関数】の使い方〜わかりやすさ重視でまとめてみた【動画あり】

アオキ
ツイッターでも記事ネタ含めちょろちょろ書いていくので、よろしければぜひフォローお願いしますm(_ _ )m

アオキのツイッターアカウント


関連記事一覧 (一部広告あり)

最近の記事

  1. バックエンド

    【厳選8冊】ホームページを作れるようになるためのおすすめ本【初心者向け】
  2. IoT関連

    【Arduino】ラジコンをつくってみた 〜今ドキのプログラムの覚え方
  3. CG関連

    【3Dプログラム】初心者にオススメな方法はこれ(9)【P5.js】
  4. バックエンド

    【Python】手軽に試す方法2つとwebフレームワークについて【初心者向け】
  5. バックエンド

    【検索システム】をつくってみた【実際にログインしてさわれます】
PAGE TOP